自己紹介ゲーム

¥ 1,900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 地域別送料

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,000円
    • 東北

      • 青森県 700円
      • 岩手県 700円
      • 宮城県 700円
      • 秋田県 700円
      • 山形県 700円
      • 福島県 700円
    • 関東

      • 茨城県 700円
      • 栃木県 700円
      • 群馬県 700円
      • 埼玉県 700円
      • 千葉県 700円
      • 東京都 700円
      • 神奈川県 700円
      • 山梨県 700円
    • 信越

      • 新潟県 700円
      • 長野県 700円
    • 北陸

      • 富山県 700円
      • 石川県 700円
      • 福井県 700円
    • 東海

      • 岐阜県 700円
      • 静岡県 700円
      • 愛知県 700円
      • 三重県 700円
    • 近畿

      • 滋賀県 800円
      • 京都府 800円
      • 大阪府 800円
      • 兵庫県 800円
      • 奈良県 800円
      • 和歌山県 800円
    • 中国

      • 鳥取県 900円
      • 島根県 900円
      • 岡山県 900円
      • 広島県 900円
      • 山口県 900円
    • 四国

      • 徳島県 1,000円
      • 香川県 1,000円
      • 愛媛県 1,000円
      • 高知県 1,000円
    • 九州

      • 福岡県 1,100円
      • 佐賀県 1,100円
      • 長崎県 1,100円
      • 熊本県 1,100円
      • 大分県 1,100円
      • 宮崎県 1,100円
      • 鹿児島県 1,100円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,200円

※7,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<重要なポイント>
このゲームは、市販ゲーム「キテレツ!カップリングパーティ」(完全日本語版が
(株)アークライト様より発売中)のカードを利用することを推奨しています。
10倍以上面白くなりますので、是非、ご購入をご検討ください。

1.ゲームの目的
イベントでの自己紹介の場面。半分くらいは常連だったりお友達。
発言も「あ、だいたい皆さん知ってますけど…」となりがち。
このゲームは、そんなグダグダを解消し、新規の方も入りやすく、お馴染みさんもより深く知り合えるための自己紹介ゲームです!

2.ゲームの概要
一人ずつ自己紹介をします。
その際、1人、もしくは2人の方のみ「ホントの」エピソードを、残りの方は「ウソの」エピソードを披露してもらいます。
全員が、「ウソっぽいけどホントかな?」という中で、誰がホントのエピソードを話したか当てあいます。

3.カード構成
カードは、以下の2種類のみです。
【ドキドキ!自己紹介ゲーム】ホント【ドキドキ!自己紹介ゲーム】ウソ
・「本当のことを言ってください」カード(以下、「ホントカード」) 2枚
・「ウソのことを言ってください」カード(以下、「ウソカード」) 18枚

(ここまで、説明書より抜粋。)

なお、「キテレツ!カップリングパーティ」を購入しない方のための遊び方も同梱いたします。

<説明書に書いていない経緯>

「キテレツ!カップリングパーティ」のカードを初めて見た時、めちゃくちゃ感動しました。
こんな面白い表現が、こんなにたくさんのバリエーションで書けるものなのか!
日本語化されたもののはずだけど、日本人用に完全に作り直しているのでは!!

この感動を元に、ゲームを作ろうと思い立ちました。

そこで、「キテレツ!カップリングパーティ」のカードをより身近に、簡単に使えるルールを、
ということで、自己紹介での利用を考え付きました。

ルールを詳細に詰めていく中で、当初は、”自分たちでカード内容を考えよう”という思いも
一瞬頭をよぎりましたが、結局”これらを超えるカードは作れない”ということで、
思い切って、【「キテレツ!カップリングパーティ」のカードを利用してください。】という
手法を採用させていただきました。

この製品がいろんな人に伝わる中で、「キテレツ!カップリングパーティ」のカードの
素晴らしさも、伝わっていけばいいなぁと思います。